歯周病治療・予防歯科(PMTC)

歯周病の進行過程

正常な場合 歯周炎 軽度歯周病
中度歯周病 重度歯周病 歯周病末期


歯周治療は全ての土台

歯周組織は、歯を支えるものです。
歯肉や顎の骨の状態によって、全ての歯科治療は影響を受けます。歯周組織の安定、すなわち歯周病治療なしに、最先端の治療も、美しい治療もありえないのです。

歯周病の原因はプラーク

プラークとは、歯にへばりついた歯垢のことです。歯垢は細菌のかたまりで、この細菌が歯肉や顎の骨などの歯周組織に炎症を起こします。プラークコントロールは、プラークを定期的に除去することをいいます。正しい歯みがきをすることで、プラークは除去できます。歯周病の最大の予防法・治療法は、歯みがきです。当歯科医院では、歯周治療の一環として、歯みがき指導を行なっています。正しい歯みがきの方法、歯ブラシの選択、歯みがき剤の正しい使い方などをご説明いたします。

口腔内の細菌をチェック

口腔内には数百種類の細菌が生息しています。
こうした口腔内細菌が虫歯や歯周病といった歯を失う原因となっているのです。
当医院では、位相差顕微鏡という特殊な顕微鏡を使用して口腔内の細菌の種類や量等を観察します。
歯周病の原因となる細菌は口腔常在菌といって健康な状態であっても存在する細菌なので、歯周病治療を行ったとしても全ての歯周病細菌をゼロにはできませんが、数を減らすことにより歯周病の活動を抑えたり、再発を少なくすることにつながります。

歯周病が進んでしまった方のために(初期・中程度)

歯周病の進行を止めるためには、細菌感染の除去が必要になります。そのためには専門の器具を使用して、歯の根っこについた歯石を除去する必要があります。必要なときには麻酔を行い、担当の歯科衛生士が歯石を除去していきます。

歯周病が進んでしまった方のために(重度)

歯周病が進み、骨吸収が重度に進んでしまった場合、歯科医師が炎症を起こしている歯肉をメスで切り取り、歯の根っこについた歯石をとる場合があります。

根気良い治療が必要

歯周病が骨にまで及んでしまう主な原因は、歯垢、歯石です。原因となる歯垢、歯石を除去し、適切な処置を行なうことで、かなり進んだ病状も回復する場合があります。指示を守っていただき、根気よく治療を続けることが必要です。

歯周治療は確認が必要

歯周治療の流れの中で、大きなポイントとなるのが評価です。
評価とは、治療の効果を判定することです。
基本的には、最初の診査と同様のことを行い、問題点が改善されたかをみていきます。

予防歯科

予防歯科はカリオロジーに基づいています。
カリオロジーとは、虫歯の実体をきちんと把握してコントロールするという学問です。
具体的には、しっかりした予防を行い、治療においても、虫歯ができた場合削る量を最小限におさえ、再石灰化をうながします。
削る量を最小限におさえると、キーンとしたイヤな歯を削るドリルもほとんど使わなくて済みます。

原因から考える

虫歯には主に3つの原因があるといわれます。

この3つの重なりが虫歯を引き起こします。
カリオロジーは、虫歯の原因1つ1つをときほぐし、個人個人がどのような状況にあるか、というところから、予防への道しるべを作っていきます。
お口の中の細菌について、ご自分の歯の強さについて、食習慣について、見直すことから始めるのがカリオロジーです。
当歯科医院では、患者さんにあわせて予防を考えていきます。

定期的な検診が虫歯・歯周病を予防します

毎日の歯磨きが虫歯を予防する最良の手段ですが、全ての人が完全な歯磨きができるわけではありません。
磨き残しがどうしてもでき、そこから虫歯になることもあります。また、毎日の歯磨きだけでは歯周病を防ぐことができません。
歯周病予防には医院での歯石除去が有効です。
来院されるペースは患者さんによって違いますが、3~4か月に1回が目安になります。
毎日の歯磨きと医院での定期的な健診により、生涯ご自分の歯を保つことが可能になります。

定期検診(メンテナンス)の流れ

1.誘導、問診

患者様を診療室まで誘導し、問診します。

誘導、問診 誘導、問診

2-1.口腔内視診

問診終了後、口腔内の診査に移ります。虫歯のチェックや歯周ポケットの検査、出血の有無、動揺度(歯のグラつき度合い)を診査します。
経過を記録するために口腔内の写真も撮影します。

口腔内視診 口腔内の写真も撮影

2-2.ポケット測定・出血のチェック

ポケット測定・出血のチェック ポケット測定・出血のチェック

2-3.動揺度検査

動揺度検査

3.中間説明

検査結果に基づき、虫歯や歯周病、その他の所見をご説明いたします。染め出しの結果をもとにはみがきの指導もおこないます。

中間説明 中間説明

4.歯科衛生士によるブラッシング

歯科衛生士によるブラッシング

みがき残しがある部分を歯科衛生士が丁寧にみがいていきます。

5.スケーリング

スケーリング

歯ブラシでは取れない歯石を専用の器具(スケーラー)で除去します。このことをスケーリングといいます。

6.PMTC

PMTC

PMTCとはプロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの略で歯ブラシだけでは除去するのが難しい虫歯や歯周病の原因である細菌性のプラークを専用器具を用いてクリーニングすることをいいます。 PMTCをおこなうと歯がツルツルした感じになり口腔内がさっぱりして気持ちがよくなります。

7.フロス

フロス

デンタルフロスや歯間ブラシ等を用いて補助清掃をおこないます。

8.洗口剤でうがい(20~30秒)

洗口剤で20~30秒うがいをします。洗口剤でうがいをすることで口の中がさっぱりし、口臭予防にもなります。

洗口剤でうがい(20~30秒) 洗口剤でうがい(20~30秒)

9.検査の説明

検査の説明

処置内容や今後注意していきたい箇所などについてご説明いたします。

10.次回の予約

次回の予約

受付にて次回のご予約をお願いいたします。三ヶ月に一度のペースでメンテナンスにご来院ください。

フッ素で予防

歯科医院でのフッ素塗布

フッ素は、歯を硬く強くし、虫歯になりにくくするためのお薬です。
フッ素塗布は定期的(年に3~4回)に塗布することが有効です。
当歯科医院でも、定期的なフッ素塗布を推奨しております。
歯科医院で使うフッ素は、安全量ですので、安心してお使いいただけます。
特に、歯が生えて間もないお子様の虫歯予防には非常に効果的です。
歯磨きとお薬の力を合わせていくことで、より虫歯になりづらい環境をつくっていきます。

フッ素塗布 フッ素塗布

歯みがき剤もフッ素入りのものを

歯みがき剤も、フッ素の入っているものを選ぶことで、日ごろからの歯質強化につながります。
当歯科医院でも、歯科医院専売の歯みがき剤をいくつか取り扱っております。
お帰りの際、ご相談ください。

プロのクリーニングを受けたことはありますか?

これまでの歯科は「すでに進んでしまった病気をどう治そうか」ということばかりに取り組んできました。
今、そういった医療のあり方が反省期に入ろうとしています。
「何が原因で悪くなったのか」「それを防ぐにはどうしたらいいのか」もう一度よく考えてみましょう!

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

PMTCというのは、歯科医や専門の歯科衛生士などが行うお口の清掃プログラムのことです。
これにより歯磨きなどでは取れにくい、悪い細菌の塊(バイオフィルム)を徹底的に落とします。
歯や歯肉の清掃を専門の器具を使って丁寧に行いますから、予防効果が高いだけでなく、とても気持ちがいいものです。痛みなどはまったくありません。

PMTCの流れ ~体験してみよう プロによる歯みがき~

1.歯や歯肉の状態をチェック

歯垢や歯石の付き具合、歯ぐきの状態などをチェックします。その方の状態にあった道具や研磨粒子などを選びます。染め出しなども場合に応じて行ないます。

2.歯と歯の間をきれいに

研磨剤と円錐形のゴムチップで歯と歯のあいだを磨いていきます。
歯肉のマッサージ効果も期待できます。

3.歯と歯肉の間、歯の表面をきれいに

歯の表面のでこぼこをなくすため、ゴムのカップ状の器具で磨きます。
研磨剤は、粒子の粗いものから使い、細かくしていきます。

4.研磨剤の洗浄、フッ素ジェルの塗布

研磨剤を落とした後、知覚過敏やむし歯予防のためにフッ素を塗ります。