歯科口腔外科

口腔外科というのは、口の中や周辺の外科処置を中心として、その疾患を扱う診療科のことをいいます。以下に扱うことの多いものを記載します。

親知らず

親知らずは横に傾いたり、埋まったまま出てこない場合が多く、手前の歯までむし歯になったり、歯ぐきが腫れたりしてトラブルの原因になってしまいます。こういった親知らずの抜歯も行っておりますので、痛みがあったり、症状がなくても気になるようであれば一度ご相談ください。

顎関節症

「口が開かない」、「顎が痛い」、「口を開けると音がする」といった顎関節症の治療も行っております。関節円板という軟骨の障害であることが多く、MRI検査で精査をする場合もあります。治療は患者さん自身が行うリハビリや、食いしばりや歯ぎしりといった悪習癖のコントロールといったセルフケアが中心となりますが、必要があれば顎関節の洗浄療法を行うこともあります。

歯根嚢胞

神経を除去、あるいは壊死した歯の根が感染してしまい、根の先にできる膿の袋のことを言います。まず根の再治療を行いますが、改善しない場合、外科的に歯根嚢胞を摘出して根を切断する処置を行うこともあります。

外傷

転倒や事故で口の周りが切れてしまった、歯が抜けてしまったなど、怪我をしてしまった場合についても対応しております。