一般歯科

虫歯治療

虫歯の進行

C1の状態で治療すればほとんど痛みもなく少ない回数で治療を終えることができます。

削る量を最小限におさえる

むし歯治療というと、イメージするのはドリルの嫌な音やきれいに磨かれた銀歯という方も少なくはないのではないでしょうか。現在は材料の進化により、このような古めかしいイメージのむし歯治療は、過去のものとなり、その考え方を大きく方向転換しています。現代のむし歯治療には、MI(Minimal Intervention=ミニマム・インターベンション 削る量を最小限に抑える)という大原則があります。

むし歯のコントロール

boy.gif

現在では虫歯の原因がほとんど解明されています。虫歯になる原因を知り、患者さんと歯科診療所が協力することで、虫歯をコントロールすることが可能となっています。虫歯になる前に是非一度、お口の中を正確に検査をすることをおすすめしています。当歯科医院でも歯を削る量は最小限に留めております。

むし歯の部分のみを削る

詰め物の接着性の向上から、ムダに健全な部分を削る必要はなくなりました。むし歯の部分のみを削り、詰めるということが可能になったため、より歯にやさしい治療ができるようになりました。当歯科医院でも歯を削る量は最小限に留めております。

再石灰化

むし歯も程度によっては、再石灰化し自然に治ることが言われるようになりました。初期むし歯は、あえて削ることなく、ブラッシングやフッ化物の塗布などを行ないながら、経過を見ていきます。

ダイアグノデント ~見えないむし歯も見逃さない~

ダイアグノデントとは

ダイアグノデントは、判断が困難な、あるいは、発見が不可能な位置にあるむし歯を早期の段階で発見できる道具です。
英語で、“診断”をダイアグノーシスと言います。人の目では、診断が難しい小さなむし歯、奥に存在するむし歯も、ダイアグノデントの活用で発見できます。 自分の歯を失わないようにするには、むし歯を早い段階で発見して、すこしでも歯質や歯髄(神経)を保存することが大事です。
小さなむし歯、見えないむし歯も見逃さず、歯の命を長持ちさせる。ダイアグノデントは、理想の“診断”を実現させます。